還暦間近の老化と病気の予防ブログ

病気や骨折をした経験と老化現象を感じる日々から、身体や心を予防するために必要なことをブログにしています。

晴れ雨予報グラスcolor

気圧の変化がわかる晴雨予報グラスcolor、チューブを上手に入れる方法

 

今日は、晴雨予報グラスcolorの作り方をご紹介です。晴雨予報グラスcolorは、高気圧と低気圧の変化を示してくれるものです。

チューブを入れるのがとても大変だったので、是非参考にしてください!

 

 

【晴雨予報グラスcolor】とは?

「晴雨予報グラスcolor」ってご存じですか?

 

「晴れ」と「悪天候」が予想されるということで高気圧を示したり、低気圧を示したりしてくれるという装置?置物?です(笑)

 

気圧の変化に体調が左右される私にとっては、興味深かったので即、買いました!




 

【晴雨予報グラスcolor】の中身はこんな感じ

説明書だけでは、わかりずらいです!

 

 

水に色を付ける「色粉末」がこれ。

この粉末をどれくらい使ってどれくらいの水で溶かすのかは、説明書に書いてなかったので、とりあえず耳かきに入るくらいの量を入れてみました。

 

もう、それで充分、色がつきました!

 

取り扱い注意とあったので、粉末が手につくと取れないのかも…と思い、つかないように、ゴム手袋を使いました。

 

【晴雨予報グラスcolor】の色はペットボトルを容器代わり

色が付いてもいいような容器に青い粉末をちょっとだけ入れて溶かします。

 

使った後、捨ててもいい容器が良いと思ったので、ペットボトルを半分切ってコップのようにして、そこに粉末を入れて溶かしました。

 

耳かきに入るくらいしか入れてないのにすご~く青くなったので、青い粉末の量には気を付けて!

 

【晴雨予報グラスcolor】のチューブの入れ方にコツ!

【晴雨予報グラスcolor】に青い水を入れるには、まず先にチューブを入れます。

 

【晴雨予報グラスcolor】を逆さにして、グラスの横に沿っている細い管にチューブをグラスの底まで入れます。

 

グラスは逆さまにして入れます。

 

なかなか、そのチューブが入らなかったのでグラスを水にくぐらして管のところを濡らしておくと、詰まりながらも何とか底まで入りました。

 

ここがとてもやりずらい…きっと同じ思いのかたもいらっしゃったのではないかと思います。

 

入ったら、注射器に色粉末で青くなった水を吸い込んでから、注射器の先にチューブをしっかりと差し込んで、グラスは逆さにしたまま、青い水を入れます。

 

チューブの先がグラスの底にあることを確認して

 

入れる時は、グラスが入っていた発泡スチロールを台に使ってすると固定できるので、入れやすいです。

 

注射器いっぱいに入れて、それを5~6回繰り返すと必要な分量になります。

 

目安は、グラスの半分より少し下くらいまで。

 

注射器にいっぱい入れて5~6回の繰り返しの度に、いちいちチューブを抜くのは面倒なので、注射器の先のほうのチューブを外して青い水を何度も入れました。

 

その際に手に青い水が付いてしまうのでゴム手袋はやっぱり必要です。

これで完成です!

 

 

【晴雨予報グラスcolor】の高気圧の時と低気圧の時

グラスの横にある、管の青い水の位置が「標準位置」です。

 

状態 意味
青い水が標準位置より下に下がる 晴れが予想されて高気圧を示す
青い水が標準位置より上に上がる 悪天候が予想されて低気圧を示す

 

高気圧の時はこんな感じ

高気圧はこんな感じ

 

低気圧の時はこんな感じ

低気圧はこんな感じ

 

完成してから、10時間以上経ってから見てみると「標準位置」から随分、上まで青い水が上がってきてます。

 

気圧が下がってきてるのかもしれないですね~。

 

ご興味があれば、こちらから購入できます! インテリアにもなります!

今後、どれだけ役立ってくれるか楽しみですが、予想はあくまで予想・・・

 

【晴雨予報グラスcolor】のチューブの入れ方や気圧の変化についてのまとめ

【晴雨予報グラスcolor】について下記のようにご紹介しました。

  1. 青い色を作るときはペットボトルを利用した方がいい
  2. チューブの入れ方のコツ
  3. 高気圧と低気圧の状態

天気予報のように正確ではありませんが、体調が悪いときにフッと【晴雨予報グラスcolor】を見ると、低気圧の状態になっているので、「気圧が低いから仕方ない」と思えます。

 

なので、私の場合は【晴雨予報グラスcolor】はとても役に立っているので、良い買い物でした!

 

-晴れ雨予報グラスcolor
-, , , ,

執筆者:


はじめまして!まこです。
日々、老化を感じている私。
病気なのか老化なのか~
悩みながら、知的障がいのある子どもとの生活。
歳を重ねるからこその出来事を綴ったり、今まで経験した、骨折や病気のときに気がついたこと。身体や心におススメのものもご紹介します!アロマの使い方やジーンズなどをリメイクしてカバンやポーチなども作っているので、時折、ご紹介していきますね。
★趣味と実益★
ヨガインストラクター
(シニアヨガ・ハンディキャップヨガ・イスヨガ)
アロマテラピーアドバイザー
パッチワーク・キルト講師

障害者が就職するための訓練などについては下記のブログにご紹介しているのでこちらもごらんください!
就職したい障害者のための就労移行支援と就労継続支援

人気記事はコチラ