還暦間近の老化と病気の予防ブログ

病気や骨折をした経験と老化現象を感じる日々から、身体や心を予防するために必要なことをブログにしています。

病気 老化現象 肩こり・首こり 腱板損傷

50肩じゃなくて腱板損傷!ヒアルロン酸とオゾンはおススメの治療法

腱板損傷で痛い

こんにちは!

今日は「腱板損傷」のお話です。腱板損傷はアスリートによくあることらしいですが、年齢を重ねてきた人にもよくあることだと病院で言われました。

 

アスリートなら手術するんだけど、年齢的には痛みが治まるのを待つしか無い…と言われ。。。ショックです。

 

友人には「50肩じゃないの?」と言われましたが、そんな痛さとは全く違います。悲鳴を上げたいくらいの痛さです。。。肩が痛い…これは50肩かもしれない。。。と思っている人に知っていただきたいお話です。

 

そして、私は3件の病院に行きましたが、どの先生も違った治療方法だったのでご紹介します。

 

今、あなたが腱板損傷でツライ状態ならぜひ参考にしてくださいね。

 

腱板損傷とは?

肩の筋肉の絵

そもそも腱板損傷っていうのは、肩関節辺りの筋が切れることです。。。専門用語では『断裂』しているというみたい。

 

肩まわりには、「腱板(けんばん)」と言うのがあって、加齢などでその腱板が衰えて切れる…それが「腱板損傷」といいます。

 

アスリートの場合は手術をしますが、年齢を充分重ねている私の場合は痛みが治まるのを待つ方法です。

 

ただ、ドクターによっては手術を進める人もいるらしいので、治療方法はドクターによって違うと言われました。

 

結局私は3件の病院に行ったので、それぞれの治療方法をご紹介しますねー。

 

薬と痛み止めの注射が治療方法の病院A

病院Aの場合

とにかく、肩がちぎれそうなくらい痛みでした。ジッとしていてもズキズキ痛い状態でした。

 

病院Aでは、まずはレントゲンを撮ってからの診察。

 

治療法は…痛みが治まるのを待つしか無いと言われ、痛み止めの薬をもらいました。痛みは全く治まらず次回の診察で薬の量が増えました。

 

3回目の診察で、あまりに痛いことを伝えると「痛み止めの注射」があるけど、どうします?と言われました。

 

痛み止めはあくまで痛み止めであって、改善するための注射ではないけどいいですか?と言われました。

 

それでもいいので、痛み止めの注射をしてもらいましたが、痛みはほとんど変わらず。。。それどころか、注射そのものが痛いかったので二度としないと誓いました(笑)

 

痛みはさほど変わらないまま3ヶ月くらいたったころ、なんとなくリハビリはいつ始めたら良いのか…と思って診察の時に聞いてみました。

 

リハビリの始め時はいつでもいいけど、ここでは紹介はできないので自分でさがしてくださいーと言われました。

 

なななんと! 紹介してくれない・・・リハビリ施設が無いのは知っていたけど、紹介はしてくれると思ってました。

 

で速効、リハビリ施設のある整形外科を探して行きました。

 

リハビリとたまの診察が治療方法の病院B

病院Bの場合

2回目に行った病院では丁寧なレントゲンを撮ったけど、診察はチャッチャと終了してしまいました。。。

 

先生が早口なので、ゆっくりと診察するという空気感はなく、「腱板損傷」と言うよりは「腱板炎症」かな? とにかくリハビリを始めましょう!と言うことになりました。

 

リハビリは理学療法士の人といっしょに腕を動かしたり、身体を動かしたりします。

 

マッサージは、痛みで動かせていなかったために硬くなった「肩甲骨」の動きを促すためにほんの数分ほどです。全体で10分程度がリハビリの時間です。

 

痛みのある右手は、相変わらず耳までしか上がりません。。。が、痛みは少しずつ減ってきています。

 

リハビリを何度かしたら、診察をするように決められていて、次の診察でも先生とはあまり会話ができず、今後の不安がありました。

 

ヒアルロン酸とオゾンで治療する病院C

病院Cの場合

3つ目の病院Cでは、ヒアルロン酸注射とオゾン注射での治療から始まりました。

 

◎ヒアルロン酸とオゾンの話は後ほどしますね。

 

今までの経過を説明したら、先生は注射をしましょうと言われたので、痛み止めはいいです。。。というと、違うよー、と。

 

注射というのは…ヒアルロン酸注射オゾン注射と言われました。ヒアルロン酸注射のことは聞いたことがあったけど、オゾン注射のことを聞いたのは始めてでした。

 

先生の話では、腕の動きはすぐに良くなるからーと言われたけど、残念ながらそうでもなかったです(笑)でも、以前より多少腕の動く範囲は広がったので、良い結果です。

 

ただ、注射はメチャメチャ痛かったです。。。痛みのある腕のところどころに注射されました。

 

もちろん、注射だけじゃなくリハビリもできる病院でした。

 

ヒアルロン酸とオゾン注射とリハビリをする病院がおススメ!

おススメする女性

3つの病院それぞれの特徴がありましたねー。

 

1つ目と2つ目の病院では、「ヒアルロン酸」や「オゾン」の話は全くでてきませんでした。もちろん、ヒアルロン酸の注射を扱っていない病院だったからです。

 

腱板損傷という肩の痛みに、ヒアルロン酸の注射に効果があると言うことを知らなかったので、そういう病院を探すことすらしませんでした。

 

あなたが今、腱板損傷で痛みが強い場合、ヒアルロン酸の注射をしてくれるところに行ってみてはどうでしょうか? もちろん、オゾン療法もです。

 

ヒアルロン酸の注射とオゾン療法とは。

肌にいい様子

ヒアルロン酸は、ヒザや肩の関節痛の治療で昔から使われているものです。年齢とともにヒアルロン酸が減ってきて痛みがでてきます。

 

なので、ヒアルロン酸注射をしてヒアルロン酸を補うことで、痛みなどを減らすことができます。

 

オゾン療法は、自然治癒力を増やしてくれる治療方法で、全身細胞を活性化して老化予防をする方法です。

 

アンチエイジングにもおススメの療法です。

 

肩の痛みをやわらげてくれる効果もあるということで、今回オゾン注射をしてもらいました。

 

オゾン療法はお値段が3段階あって、私が受けたのはイチバン安いお値段で2,500円でした。

 

腱板損傷でできなくなったこと

食べにくい

半端なく痛いので、外出時は骨折した時のように腕を三角布で肩からつっておいたほうがいいです。

 

腕全体がなまりのように重くて、冷たい感じがして、ジッとしていても「ズキズキ」と痛みます。。。

 

そもそも痛くて、病院以外は外出したくなかったです。

 

肩の筋が切れていても、肩だけが痛いんじゃなく、腕のアチラコチラがズキズキしていて、首あたりも痛い。。。

 

腕は、胸より上に上がらなくなって…

 

食事をするとき、お箸を持つことはできるけど、口に運ぶことが難しくなります。

 

ひじを上げることもできないので、髪の毛をくくることができないし、シャンプーも片手でしか洗えないです。

 

荷物も持てないから、買い物は少しずつしか買えないし、字はなんとか書けるけど、力が入らない。

 

マウスを持つ動作が痛くてできないし、入力も少ししただけで痛くなります。

 

できないことは、たくさんです!

 

腱板損傷で痛くてもリハビリは早く!

身体を動かす

リハビリをいつ始めていいのかわからなかったので、とにかく痛みがある程度やわらいでから行きました。(上記の病院Bのことです)

 

すると・・・痛みがあってもできるだけ早くにリハビリは始めたほうがいいと言われました。

 

腰痛でもそうですが、痛いからといって身体を動かさずにいるとほかの筋肉が固まってしまうというのは、充分理解していました。

 

でも、あの激痛の状態で…「外出」すらしたくない状態では絶対リハビリは無理だと思っていたので、痛いなりに家で自分自身でリハビリをしていました。

 

腕は全体が痛くても指は動くので、動くところはいつも以上に動かしています。

 

年々、筋肉が衰えてきているのに、動かさなくなると…「ロコモティブシンドローム」になってしまうので、痛みが治まっているとき動くところは動かすようにしています。

 

以前に書いた、ロコモティブシンドロームのブログです。

 

お風呂で湯船につかっているとき、腕が浮くからちょっと痛みはマシなので動かせるようにしています。

 

とにかく、他の筋肉が固まらないように動かせて、手首の関節は痛くないので動かせています。

 

腱板損傷になった原因

のこぎりを使う

今思うと…最初の痛みが50肩のような感じじゃなくて…なんか変な痛みでした。その時に、できるだけ無理しないようにしていれば、腱板損傷になってなかったかもしれません。

 

実は、なんとなく痛いなぁーと感じながら棚を作りました。カバンやポーチなども作るけど、棚を作るのも好きなんです。

 

小さいのこぎりで10センチほどの木を20本ほど切って作りました。。。結構ハードで…。

 

きっとその時に、痛めた気がします。。。

 

腕がジワジワと痛み出してから、2ヶ月くらいして激痛が始まりました。

 

腱がブチッと切れる音がしたという人がいましたが、私の場合、ブチッと腱が切れた。。。って感じはなかったですぅ。気がつかなかっただけかも(笑)

 

私は数年前に右手首の骨折があったので、なんらかの影響があったのかもしれないですね。。。

 

肩こりとはちょっと違う、肩の痛みがあれば必要以上のことはしないことです!!

 

腱板損傷はいつ治る?

いつ完治する?と問いかけている

どれくらいで完治しますか?って聞いたら「半年?くらいかなぁ」という先生と「わからん!」という先生がいました。

 

ちなみに整体師のかたに聞いてみたら、「2年はかかると思う」「早くて半年から1年くらいかなぁ」ってことでした。

 

ですが、リハビリの技術やヒアルロン酸注射やオゾン療法によっても随分と違うと思えるようになりました!

 

腱板損傷の治療についてのまとめ

私が3件行った病院の結果、ヒアルロン酸の注射やオゾンの治療方法を提案してくれる病院がおススメです。

 

歳を重ねたからこその腱板損傷の痛みなので、加齢に対しても対処をしてくれる治療方法はうれしいですねー。

 

腱板損傷を未然に防ぐことは難しい気がします…が、歳を重ねるからこその不具合…老化現象はでてきます。

 

老化現象とも、仲良く付き合っていかないといけないですね。^^

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

-病気, 老化現象, 肩こり・首こり, 腱板損傷
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

漢方薬

漢方科はなんとなく体調が悪い人におススメです!

こんにちは~! 今日は漢方科に行ったお話です。病気じゃないかもしれないけど、なんとなく体調が思わしくない。。。そんなときにおススメの場所です。     もくじ1 相変わらずむくんで …

うつになやむ人

バセドウ病でうつになって、10キロも太った私が取った行動とは?

こんにちは~ バセドウ病は甲状腺の病気で私が以前にかかった病気です。 甲状腺の病気は精神的にもつらくなる病気で、その時、私がうつになってめちゃめちゃへこんだけど、考え方を変えることでその状況から抜け出 …

首のしこり

首のしこり!皮膚皮下腫瘍切除手術は局所麻酔

こんにちは~! 今日は、首のうなじあたりにできていた「しこり」を取る手術をしたときのお話です。やっぱり手術は怖い!     もくじ1 皮膚皮下腫瘍切除手術1.1 手術は局所麻酔2 …

老化をストップ

老化の原因がわかれば、老化がストップできる!?

こんにちは! 今日、テレビでやってた うれしい話題の「老化をストップ」できるかもしれないお話です!老化の原因もなんとなくわかっていただけるので、ぜひ参考にしてくださいねー。   もくじ1 全 …

腰痛にならない姿勢

腰痛改善のために、マットレス無しのすのこベッドを選びました。

こんにちは~! 今日は腰痛のお話。腰痛で悩んでいる人はたくさんいらっしゃるようで…私もその中のひとりなので、参考にしていただければと思います。   もくじ1 原因不明の腰痛が多い2 ぎっくり …


はじめまして!まこです。
日々、老化を感じている私。
病気なのか老化なのか~
悩みながら、知的障がいのある子どもとの生活。
歳を重ねるからこその出来事を綴ったり、今まで経験した、骨折や病気のときに気がついたこと。身体や心におススメのものもご紹介します!アロマの使い方やジーンズなどをリメイクしてカバンやポーチなども作っているので、時折、ご紹介していきますね。
★趣味と実益★
ヨガインストラクター
(シニアヨガ・ハンディキャップヨガ・イスヨガ)
アロマテラピーアドバイザー
パッチワーク・キルト講師

障害者が就職するための訓練などについては下記のブログにご紹介しているのでこちらもごらんください!
就職したい障害者のための就労移行支援と就労継続支援

人気記事はコチラ