還暦間近の老化と病気の予防ブログ

病気や骨折をした経験と老化現象を感じる日々から、身体や心を予防するために必要なことをブログにしています。

医療保険 骨折劇

足首骨折!マッサージとリハビリが必要な理由

骨折レントゲン

今日は骨折のお話。まだ1度も骨折したことがない…と言う人もいらっしゃると思いますが、私は2度も骨折を経験して、マッサージとリハビリの必要性を知りました。

そんな痛い経験の中、唯一、良かったと思ったことは保険の給付金をいただいたことなので、保険のお得な情報もご紹介します。

 

 

人生2度の骨折

毎日、1ミリずつ、いや~1センチずつ、私、大きくなってる気がする…

 

大きく…ではなく、太ってる気がする…太っている。。。じゃなくむくみと言いたい。私 人生で2回、骨折してるんですよ~。

 

なので、骨折のせいでむくんでいると言いたい・・・

1度目は、足首の骨折。
2度目は、右手首の骨折。

カルシウム、足りてないでしょ?と言われそう。。。(((uдu*)ゥンゥン、確かに牛乳は好きじゃなかった。。。

 

だって、私の子供の頃の牛乳ってまずかった!かといって、脱脂粉乳じゃなかったと思うけど(笑)。

足首の骨折

足首骨折

まずは1度目の足首の骨折~もう、20年程前のことです。

自転車に乗っている時、小雨が降ってきて…右に曲がる時に自転車が滑った。。

 

とっさに、片足を地面に着地したとたん~「(>_<)痛い!!」

痛いほうの足を見たら、あり得ない方向に足先が向いていた!!!「げっ?」

 

その時は、骨折しているとは全く思わず、急な着地で、足がしびれたと思った。

そこで・・・あり得ない方向に向いている自分の足をグッと両手で、本来の方向に戻したんです。。。

 

もちろん、痛かったけど、なぜか野性的本能がそうさせたって感じでした(笑)

今思うと、よくそんなことができたなぁ~と思い出したらぞっとします。。。

 

救急車に乗せられて、近くの病院へ。その救急車の中で、痛み炸裂!!!

 

応急手当するからと救急隊員の方が、「手当するので、ジーパン切りますね~」だって!

 

「きゃ~やめてください。このジーパンお気に入りなんです!!」

 

痛み炸裂の中、泣きながら、そ~っとジーパンを脱ぎました。。。

 

そして、病院で先生に、いきさつを話し、あり得ない方向に曲がってた足を
自分で動かせたことも話すと・・・それが良かったと言われました。

 

あとでお話しする、手首の時も病院で先生が、私の手首をまるで、フィギュア人形のように動かしたんですよ~。

 

もちろん、注射も薬もなく、その場ですぐにです。。。

 

手術の前にできるだけ、まっすぐにしていた方がいいそうですが…めちゃめちゃ痛かった!




足首骨折の話に戻ると・・・ふくらはぎにある骨は「腓骨」と「脛骨」(ひこつ・けいこつ)の2本が膝からあって足首のところでくっついてる感じです。

 

その足首にくっつく1センチほど手前で腓骨が骨折、脛骨が複雑骨折でした。

 

ちょっと、重症?!!

 

手術はボルト3本で骨を繫ぎました

骨を繫いだボルト

手術は全身麻酔によるちょっと長めのボルト、3本で止める手術でした。。。

 

全身麻酔…手術が終わって病室に戻った時、半端なく寒くて…電気毛布を使って暖めてもらったりしたけど、無事手術も終了。

 

歩けないけど、手は動かせるので、手術前に本とかを準備してたけど、息子のことが気になるし、仕事できないし、最悪な状況。

 

本来、入院はリハビリ含め、3か月は充分必要ですと言われてたけど、仕事しないと生活できないから、1ヶ月ほどで退院させてもらい、松葉杖生活が始まってあとは通院で。

 

ボルトの除去手術!今は除去手術が必要ない!?

全身麻酔のあとの頭痛

半年ほどしてから、3本のボルトの除去手術もしました。

 

もう、20年程前のことでボルトも記念?に残していますが、ちょっと長めの
普通のボルト。。。

 

当時は、除去手術を当たり前のように言われてしましたが、今の時代、骨を繋ぐときのものは昔のようなボルトではなく、素材など、カラダに負担の少ないものが使われているので、除去手術は、どちらでもいいのかもしれません。

 

もし、骨折や除去手術で悩まれている方がいたら、その時代の骨を繫ぐ状況などを充分調べてから手術に挑んでほしいです。

 

医療は日進月歩ですから。

 

その方の仕事内容や手術の時の負担(麻酔など)そして、年齢なども考えてみたらどうでしょう。

 

 

全身麻酔後に目覚めてすぐに歩いた私は大変な目に!

私の場合、除去手術も全身麻酔で、その時、偶然にも生理中でした…

 

手術が終わって目が覚めたとき、本来はまだ安静にして動かないようにしないといけなかったけど、私は自力でトイレに行きました。

 

看護師さんはやってくれると言ってくれましたが、やっぱりそれだけは嫌だったので、自分で歩いてトイレに行ってました。

 

おそろしいほどの頭痛で寝たきりに

すると、退院してから、頭痛がひどくなって何週間かは寝たきりに………普通の頭痛とは全く違ってう頭痛で、あ~死んじゃうなぁって思うほどの頭痛でした。。。

 

もともと、頭痛持ちで、ちょっとくらいの頭痛は慣れてたけど、いつもの頭痛の何百倍の痛みだったと思う。

 

私の場合は、全身麻酔のあと、トイレとはいえ 動いたのが悪かったみたいですが、安静にしていても 全身麻酔のあとは頭痛が起きることがあるらしく、しばらくするとおさまるそうです。

 

私は病院に行かず、何週間も寝たきり状態が続いたあと自然に治りました。

 

でも、あまりに長く続く時はやっぱり病院に行った方がいいみたいですね。

 

 

手術後、マッサージやリハビリが必要な理由とは…

足のマッサージ

人間は、年齢と共に身体のいろんなところが少しずつ老化します。そのときに骨折のあとの箇所を、どれだけマッサージやリハビリをしているかで変わってくることが、今、身にしみて感じています。。。

 

やっぱり、痛めたところから老化している感じです…

 

例えば、痛めたのが右足だとすると、必ず左足にも負担がかかっています。

 

痛めた箇所をかばうために、身体全体のバランスがくずれてきます。だから痛めた箇所を通常に戻して、少しでも早く身体のバランスを整えることが大事です。

 

マッサージやリハビリを、適当にしかしてなかったとしても、痛みさえ無くなれば気にならなくなるし、ちょっと油断してしまいがちです。

 

特に若いときはまだまだ動けるので、身体のバランスが悪くなってるなんて気にならないと思います。アスリートでない限りは適当になってしまいますよね。

 

「マッサージとリハビリ」をしなかったことで、寒くなると足首はいつも痛いし、むくみは酷い状態です。傷口も触ると痛くて…。

 

もちろん、骨折というのは「マッサージやリハビリ」をしていても、寒くなると傷口が痛んだりすることはあると思いますが、やらなかったときよりはずいぶん違ったと思います。

 

だから必ず「マッサージとリハビリ」は絶対にやっておいてほしいです。

 

ひどいむくみ

さっきもお伝えしたことですが、日々、感じる『むくみ』は半端なくあります。

 

ボルトの除去手術のあと、むくみがひどい状態で、左右の足首の差がすごい!
「フラミンゴと象」くらいの違いです。

 

身体をしっかり動かせたりした時は、両足、フラミンゴなんですがね~。

 

骨折した方の足が、どうしてもむくみがひどかったですが、骨折をしていない方の足も身体を動かしていないとむくんでいました。このむくみは今も続いています。

 

一般的にむくみの重さは2~3キロくらいはあるそうです。私はさらに、便秘もあるので、両方解消したら、結構、体重減りますね~((´∀`*))

 

歩くことはできるようになっても、それまで痛みのある状態で松葉杖に頼って歩いていたので、左右のバランスが悪い状態のまま…。

 

『足』そのもののマッサージもしなかったので血流やリンパの流れも悪いままになってて…最悪です。

 

骨折のあとのマッサージやリハビリは、その時を良くするためだけじゃなく 5年後、10年後、歳を重ねた今、とても必要なことだったと、痛切に感じてます!

 

骨折後に唯一良かった「保険に加入していた」こと。

突然起きた骨折は、色々と大変だったけど唯一「良かった!」と思ったことが「保険に加入していたこと」です!

 

ボルトで骨を繫ぐために手術をした時の給付金いただきましたよー。残念ながら、そのボルトを抜くときの保険はおりませんでしたが…。

 

それでも、とても助かりました。退院後、少しだけ通院した分もいただきました。

 

昔、知り合いから保険の加入を頼まれたことがあって…経済的に大変だったので、保険に加入なんて今まで考えてもみなかったこと。

 

でも、息子のことを思うと、私に何かあったとき困るなぁと思ってその時「保険に加入」したんです。

 

支払いがしんどいなぁーと思いつつも何年も払ってましたが、まさか本当に役に立つとは思いもしませんでした。

 

それから、さらにバセドウ病で入院したときの給付金もいただきましたよー。

 

医療保険に加入していて良かったとつくづく思ってます。

 

医療事情が変わったので給付金がもらえないかも!?

私が加入していた時の保険は、「入院してから5日目からしか入院給付金は出ない」と言う保険でした。

 

だから、バセドウ病で入院したのは21日間だから、5日分は給付されてないので、16日分だけでした。。。(T-T)

 

今は、医療事情が変わってきていて、長く入院するということが少なく、短い入院で、その後は通院すると言うことが増えてきています。

 

だから、昔、加入したときのままだと給付金がいただけない…と言うこともあり得るかもしれません。

 

とにかく保険に加入してるから安心。。。と思わないで、今の医療事情にあった保険なのかどうか、「保険相談」しておいてください。

 

実は、私はその後、『保険の見直し』を2度ほどしたことがあります。

 

『保険の見直し』といって保険相談をするところが今はたくさんあるので、どこでもいいからと思って、保険証書を持って行きました。

 

『保険の見直し』と言うのは、自分が必要としている保険を「たくさんある保険会社の中から探してくれる」と思ってました。

 

でも、実は違いました。。。

 

『保険の見直し』をしてくれるところの中には、どこかの保険会社がやっている『保険の見直し』のところもあったんですよー。

 

進めてくれる保険が全部同じ保険会社だからおかしいなぁーと思ってたら、そういうことでした!

 

そして、その後、また別の『保険の見直し』のところに行くと、そこは「たくさんの保険会社の中から探してくれる」『保険の見直し』でした。

 

一度、保険の内容を確認してみてはいかがですか?

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!(*^_^*)

 

-医療保険, 骨折劇
-, , , , , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

骨折

骨折あとの傷口の癒着、今からでも遅くないマッサージで解決!

こんにちは~! 私は、足首と手首の骨折をした経験があるんですが、先に足首の骨折をしていて、そのときに体験した傷口の癒着と、癒着しないようにするマッサージや注意することをお話しします。   & …

ハンドマッサージをしている

ハンドマッサージ!高齢者におススメの理由はホルモン!?

こんにちは~! 手首骨折の手術をしてから数年は経っていますが、手のひらのむくみ解消のためにハンドマッサージをしています。ハンドマッサージはむくみ解消だけでなく介護の世界でも活躍しているのをご存じですか …

手首骨折

手首骨折!痛みがあるのはプレートのせい?

こんにちは~! 今日は手首を骨折したときのお話。足首に続き、手首です!利き腕の右手なので毎日の生活が大変。髪の毛をくくることもできず…。でも、せっかく?骨折したのだから、どこかの誰かのお役に立ててもら …


はじめまして!まこです。
日々、老化を感じている私。
病気なのか老化なのか~
悩みながら、知的障がいのある子どもとの生活。
歳を重ねるからこその出来事を綴ったり、今まで経験した、骨折や病気のときに気がついたこと。身体や心におススメのものもご紹介します!アロマの使い方やジーンズなどをリメイクしてカバンやポーチなども作っているので、時折、ご紹介していきますね。
★趣味と実益★
ヨガインストラクター
(シニアヨガ・ハンディキャップヨガ・イスヨガ)
アロマテラピーアドバイザー
パッチワーク・キルト講師

障害者が就職するための訓練などについては下記のブログにご紹介しているのでこちらもごらんください!
就職したい障害者のための就労移行支援と就労継続支援

人気記事はコチラ