還暦間近の老化と病気の予防ブログ

病気や骨折をした経験と老化現象を感じる日々から、身体や心を予防するために必要なことをブログにしています。

むくみ 医療保険 骨折劇

骨折あとの傷口の癒着、今からでも遅くないマッサージで解決!

骨折

こんにちは~!

私は、足首と手首の骨折をした経験があるんですが、先に足首の骨折をしていて、そのときに体験した傷口の癒着と、癒着しないようにするマッサージや注意することをお話しします。

 

 

私が体験した足首の骨折の話

人生初の足首の骨折~もう20年ほど前のことです…

 

自転車に乗っているいるとき、小雨が降ってきて…右に曲がるときに自転車が滑って…

 

とっさに、片足を地面に着いたとたん~「(>_<)痛い!!」

 

痛い方の足を見ると、あり得ない方向に足が向いていた!!!「げっ?」

 

そのときは骨折しているとは思わず、急な着地で足がしびれていると思ったんです。

 

このままでは行けないと思って、あり得ない方向に向いている自分の足を「ぐっと!」両手で、本来の方向へ戻したんです。。。が、それは骨折でした。

 

私が体験した足首骨折のドジな体験談は下記をご参照ください!

 

足首骨折の手術の話

全身麻酔でちょっと長めのボルト、3本で止める手術をして、半年後にそのボルトを抜く手術。

 

ボルトを抜く手術も全身麻酔で、その後の経過が悪く、頭痛が続いて寝たきり生活が続いたこともありました。

 

そして、手術のときにできた、縫った傷は2カ所。

 

足首外側のくるぶしから上に数センチと、内側のくるぶし辺りに2センチほどです。

 

その傷口をちょっと触るだけで痛くて、傷口がつっぱったようになってました…。

 

でも、その状態が悪いとか良いとかも考えず、骨折ってこんなもんだと思ってました。。。傷口もさわってはいけないものと思って、ほとんどさわることはしませんでした。

足首骨折から20年ほど経過してもむくみがひどいのはナゼ?

むくみのある足

結論からお話しすると、足首骨折のあと…家庭の事情から、強引に退院した結果、その後の注意事項を聞かず、リハビリもほとんどしなかったことが原因でむくみがひどくなったと思ってます。。。

 

リハビリしないとダメですよね…。

 

1度骨折すると、どれほどのリハビリをしていてもむくみは出てくるかもしれませんが、でも骨折後にリハビリを全くしないよりは、した方が絶対マシだと私は思ってます。

 

骨折後は、ちゃんとした資格のある人にリハビリをしてもらうようにしてください。

 

リハビリの必要性

「骨折後」というのは、骨折をした足のリハビリだけじゃなく、骨折をしていない方の足のことも大事なんです。

 

リハビリそのものは、骨折した方しかしてくれないかもしれませんが、どういう風に動かせば良いのかを骨折した足のリハビリで教えてくれるはず。

 

だから、それを骨折していないほうの足を自分でリハビリしてほしいです。

 

なぜかというと、骨折した方の足をかばいながら歩いてしまうので、骨折していない方の足の負担が大きいからです。

 

だから、両方の足のリハビリをすることで、普段の歩き方に戻すことが早くできます。

 

ここが大事なところ!!

 

少しでも早く、普段の歩き方に戻さないと、バランスの悪い歩き方が定着してしまいます!

 

そうなると、身体のあちこちに負担がかかってしまって、例えば腰痛になったり、猫背になったり…する可能性もあります。

 

マッサージの必要性

そして、さらに大事なことは「マッサージ」です。

 

ふくらはぎや足首、くるぶしの周りもマッサージが必要なんですよー。

 

骨折後は血流が悪くなっているので、マッサージで血流を良くするために絶対必要です!

 

足や身体のマッサージ~と言うと「エステ」のような感じに思ってしまって、必要ない…と思われるかもしれませんが、身体の流れを良くするためには必要なことです!

 

もちろん、専門家の人にしてもらうこともできますが、できれば毎日湯船の中で自分でするマッサージが効果的です。経済的だし(笑)

 

これは、骨折後の人だけじゃなく、座ったままの仕事をしている人にも、長時間立ったままの仕事をしている人にもオススメのことです。

 

私は骨折した方の足がパンパンにむくんでひどいときは、くるぶしが見えなくなるほどむくみます。。。だから、くるぶし周りのマッサージもとても大事。

 

ちなみに、ふくらはぎのむくみ具合が簡単にわかる方法があります。

 

それは正座です。正座をするとふくらはぎのむくみ具合がわかるんですよー。

 

あっ!話がそれましたねー。すみません。

 

リハビリやマッサージの必要性を知ってから…

今はリハビリやマッサージの必要性を身をもって知りました。歳を重ねたからこそ、気づくことです!

 

ストレッチやマッサージをすることで、足のむくみは全く違ってきます。

 

身体は正直です!

 

激しく動く必要は無いと思うので、1日一回、軽ーくでもいいのでストレッチやマッサージをオススメします!

 

 

傷口の癒着に気がついたのは次の骨折の時でした。

足首骨折後の悩みは「むくみ」だけじゃありませんでした。

 

手術の時にできた、縫ったあとの傷口がつっぱっていて痛みがありました。

 

足首なので、ストレッチなどすると結構動かせるところです。動かせるたびに傷口辺りが痛かったけど、傷口はさわっちゃイカン…と思ってたので、仕方ないーと何もせずあきらめてました。

 

でも、数年前に「手首の骨折」をしたときに「骨折後の注意事項」をしっかり聞いて、学習しました!!

 

「手首の手術後の傷口は、痛みが無くなれば傷口をマッサージしてください。」と言われたんです!

 

傷口をマッサージしないと、傷口が傷の下の組織などにくっついてしまうらしく、そういう状態を「癒着」というそうです。

 

もっと専門家の言い方があると思いますが、私なりの理解はそんな感じです。

 

だから、私の足首骨折の手術のあとの傷口はあきらかに「癒着」していたことに気がついたんです!

 

傷口はさわっても大丈夫だったんですね…

 

2度目の手首骨折の時は、ちゃーんとマッサージしたので傷口が癒着することなく皮膚が動いているので、マッサージの効果はあったということです!

 

手首骨折の時のドジなお話はコチラです!

 

傷口のマッサージは何年経っていてもやってみること

傷口をマッサージしている

手首骨折のときに知った傷口のマッサージを足首の傷口でもやってみました。

 

何十年も経っているので、すでに遅いと思ったけど、足首の傷口まわりをゆっくりとマッサージしてみました。

 

最初、マッサージしようとしても傷口はあまり動かないし、皮膚がつっぱってて痛かったので、やっぱり年数が経っていると効果はないのかなぁって…

 

でも、気がついた時だけしかしなかったけど、ゆーっくりとさするようにマッサージをしていると、傷口のまわりの皮膚のつっぱりは少しずつ減って、少しずつ動くようになって、少しずつ痛みも減ってきました!

 

今では、傷口をさわっても痛みはありません。なんかうそのようですよー。

 

以前よりは傷口が動くようになって癒着はしていないと思うけど、多少のつっぱり感はあります…

 

だって傷口をマッサージし出したのは、骨折してから10数年は経ってからのこと…だから、傷口の痛みが無くなっただけでも「ヨシ!」と思ってます。

 

一瞬で骨折するけど、リハビリは一生続きます

下肢静脈瘤

遅いことはなかったんです!

やっぱり人生に遅いってことはないんですね~(笑)

 

それでも、やっぱりむくみはあります…が、朝 目覚めたときにむくみは無くなっています。それくらいのむくみであれば、問題ないようです。

 

ただ、朝目覚めたときにむくみが残っていたり、ふくらはぎや膝裏に血管が浮いているようであれば、病院に行ってみるのがいいかもしれません。むくみがひどくて痛みがあったり、膝裏の血管が浮いていたりしている場合は、下肢静脈瘤ということもあり得るからです。

 

骨折後のリハビリやマッサージをするかしないかで、良くもなり、悪くもなり…

 

骨折なんて一瞬の出来事だけど一生リハビリなんだなぁってつくづく実感しています。

 

骨折は痛かったけど、医療保険に加入してて良かった!

痛い思いはしたけど、唯一、よかったことは「医療保険」に加入していたことです。

息子が小さい頃、私に何かあったら困る…と思って加入していた保険です。やっぱり保険は「お守り」のように思ってて、本当に「役に立つ」なんて思ってなかったんですよー。

それが、その時に少しだけど給付金が出たんです。少しでも助かりましたよ。

 

最初に加入したのは、もう20年ほど前。だから、今の医療事情とは合ってないので、最近「保険の見直し」をしました。

 

身をもって世の中、何があるかわからない。。。を経験したので。

 

医療は日進月歩だから、いろいろと変化していきます。その変化に沿うように、保険の世界も変化しています。

 

保険は昔に加入しているから大丈夫!と思っていると、本当に必要な時に「給付されない」など問題がでてくるかもしれません。

 

まとめ

今日は足首と手首の骨折をした経験から傷口の癒着と、癒着を予防するマッサージや注意することをお話しました。注意する点は下記の通りです!

  • 骨折後のリハビリは絶対すること。
  • 傷口は痛みが無くなったらやさしくマッサージすること。
  • マッサージは気がついた時でも大丈夫なので、絶対すること。
  • 骨折すると身体のバランスが悪くなってるので、身体全体を整えるリハビリもすること。

もし、今、骨折のリハビリ中の方が見てくださっていたら、無理せず続けてください。数年経ったときに、あのときガンバッテて良かったーと思えるように。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 

-むくみ, 医療保険, 骨折劇
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

骨折レントゲン

足首骨折!マッサージとリハビリが必要な理由

今日は骨折のお話。まだ1度も骨折したことがない…と言う人もいらっしゃると思いますが、私は2度も骨折を経験して、マッサージとリハビリの必要性を知りました。 そんな痛い経験の中、唯一、良かったと思ったこと …

ハンドマッサージをしている

ハンドマッサージ!高齢者におススメの理由はホルモン!?

こんにちは~! 手首骨折の手術をしてから数年は経っていますが、手のひらのむくみ解消のためにハンドマッサージをしています。ハンドマッサージはむくみ解消だけでなく介護の世界でも活躍しているのをご存じですか …

手首骨折

手首骨折!痛みがあるのはプレートのせい?

こんにちは~! 今日は手首を骨折したときのお話。足首に続き、手首です!利き腕の右手なので毎日の生活が大変。髪の毛をくくることもできず…。でも、せっかく?骨折したのだから、どこかの誰かのお役に立ててもら …

ふくらはぎ

むくみ解消のための着圧ソックスを履く時間とは?

こんにちは~! 今日はふくらはぎのお話。ふくらはぎは身体の巡りをよくするために大事なところです。私は長時間、座ってする仕事をしているので、どうしても足のむくみがあります。私なりの対処方法をお伝えします …

漢方薬

漢方科はなんとなく体調が悪い人におススメです!

こんにちは~! 今日は漢方科に行ったお話です。病気じゃないかもしれないけど、なんとなく体調が思わしくない。。。そんなときにおススメの場所です。     もくじ1 相変わらずむくんで …


はじめまして!まこです。
日々、老化を感じている私。
病気なのか老化なのか~
悩みながら、知的障がいのある子どもとの生活。
歳を重ねるからこその出来事を綴ったり、今まで経験した、骨折や病気のときに気がついたこと。身体や心におススメのものもご紹介します!アロマの使い方やジーンズなどをリメイクしてカバンやポーチなども作っているので、時折、ご紹介していきますね。
★趣味と実益★
ヨガインストラクター
(シニアヨガ・ハンディキャップヨガ・イスヨガ)
アロマテラピーアドバイザー
パッチワーク・キルト講師

障害者が就職するための訓練などについては下記のブログにご紹介しているのでこちらもごらんください!
就職したい障害者のための就労移行支援と就労継続支援

人気記事はコチラ